子どもの勉強に役立つ情報を配信するインターネット学習塾 | 国語110番

得点が上がらないといわれている読解問題もこれで安心日本でもっとも実績のある国語勉強法論理エンジン読解問題にも解き方があります。国語の解き方のレシピが知りたい方はこちら
得点が上がらないといわれている読解問題もこれで安心日本でもっとも実績のある国語勉強法論理エンジン読解問題にも解き方があります。国語の解き方のレシピが知りたい方はこちら

国語110番

MENU

勉強を嫌いにさせないヒケツ。それにはこんな方法があります。毎週やっている方法です。

国語110番スタッフ

Pocket

こんにちは、泰嘉です!
今回のテーマは「勉強嫌い」、それから「継続」についてです。

勉強させようとすると、最初は言われた通りにする子が多いのですが、しばらくたつと、勉強しなくなるということがあります。
場合によっては、前より勉強が嫌になるということがあります。

今回は、「勉強を嫌いにさせないヒケツ」について話していきたいと思います。

勉強させようとするほど失敗する法則

先日、ある先生のカウンセリングセミナーに参加しました。

人が挫折していたりうまくいっていない状態を「ハマっている状態」といいますが、「ハマっている人を引き上げようとすると失敗する」という話がありました。

どういうことかというと、

「自分が関わって助けよう、引き上げようとすると、相手がそれに抵抗してどんどん失敗するパターン」

というものです。

勉強しない子もこれとまったく同じで、誰かが手伝おう、引き上げようとすればするほど、お子さんが抵抗してしまってやらなくなってしまいます。

自分で立ち上がる工夫をする

では、どうするか?
それは、お子さんが「自分で立ち上がるように工夫をする」ということです。
具体的には、自分自身で気づくようにこちらから質問することです。

例えば、今うちの生徒さんの中では、毎週面談をして1週間の振り返りをしています。そこでは、
「今週はどうだったか? できたことは何か?」
「今週に点数をつけるとしたら何点か?」
「改善したいことはあるか?」
「来週の目標は?」

などの質問を生徒さん自身でいつも考えて答えてもらいます。生徒さんには質問を答えるために集中してほしいので、私はそれの記録係と気になったところの質問役です。

生徒
「今週は勉強時間が目標までいかなかった」


「そうなんだ。自分の中で目標までいかなかった理由心当たりはある?」

生徒
「全く勉強できなかった日が2日あるからそれかなあ」


「そうなんだ。他は勉強できていた?」

生徒
「できてた! 木曜日とかは4時間!」


「4時間はいい感じだね。 全く勉強できなかった日とのちがいはある?」

生徒
「んー、4時間できた日は朝から勉強できてた!」


「なるほど! 朝から少しでも勉強してると1日がいい感じなんだね。
じゃあどうしたらいいかな?」

生徒
「朝に30分でもいいから勉強してみる!」


「いいね!
じゃあ今週それを実験のつもりでいいからやってみよう!!」

こんなふうに自分で分析してもらいながら、こちらはそれを引き出すような質問をしていきます。

そうすると、良くも悪くも自分でやったことは全て自分に返ってきます。
これが大切なんですね。

だれかにやってもらった感覚があると、「自分からやったんじゃないし・・・・・・」と人任せになってしまい、やる気の熱もないまま行動してしまいます。
そうすると、最初に話した、相手の抵抗が起こってしまうのです。

でも、自分でやった感覚があると、「自分が決めたから!」と主体性を引き出すことができるんですね。

うまくいってもいかなくてもそれでいい。

自分でやるとうまくいかないことが多いです。
私もだいぶ大人になりましたが、それでも失敗することも多々あります。

でも、自分でやったものには愛着が生まれます。
その愛着が長い目で見るとやる気につながるんですね。

たしかに一時的なら怒鳴ったり、罰をあたえて無理やり勉強させたりすれば、短期間で成績は上がります。

しかし、その方法も長く使えるわけでないですし、その反動で勉強が嫌いになる子を何人もみてきています。

そうではなくて、一見遠回りにみえても自分で乗り越える、また乗り越えるために一緒に考えることが勉強を続けるヒケツだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

セミナーをやっています。

毎回セミナーをやっています。参加されたい方は以下から。

セミナー申込みはこちら

 

日本でもっとも実績のある国語勉強法論理エンジン

ぴったり性格診断

日本でもっとも実績のある国語勉強法論理エンジン

ぴったり性格診断

ページトップへ